読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレートブルー

思ったこと、考えたこと、そのまま Twitter:@mk1010_syj

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 「JUMPing CARnival 」横浜公演 10月10日夜MC全編レポ

 

f:id:mk1010:20151011225240j:plain

 

 

夜公演も恒例の声出しから!!

 

 

光「盛り上がってますかー!?」

\いえーーーい!/

光「もっとー!!」

\いえーーーい!!/

光「もっとおおー!!!」

\いえーーーい!!!/

 

光「改めまして僕たちが・・・」

全員「Hey!Say!JUMPです!」

(拍手)

 

光「さあさあMCタイムですのでみなさんお座りくださいっ!」

薮「お座りくださいっ(キリッ)」

 

裕翔「いやー、夏もあっという間でしたねー」

光「このツアー7月始まりだったよね?」

山田「え、これ半年もやってんの?」

薮「え、3ヶ月でしょ?」

山田「ごめんなさい、『4月』って聞こえましたw

裕翔「そんなにやってないでしょww」

光「いろんなお仕事やらせてもらったからねw」

薮「そうだね、24時間テレビでもいろんな先輩と共演させてもらいましたけども、今日はね、実はみんな緊張してるんですよ。なんとですね、お昼の公演に引き続き、先輩が見に来てくださってます!V6の、井ノ原くん、三宅くん、坂本くんです!!

3人にスポットライトが当たり、三宅くんが山田のうちわをかばんから取り出してステージに向けて見せるw

山田「あ、うちわ買っていただいてるw」

次に取り出したのは伊野尾のうちわ。

光「お、山田の次はいのちゃんでー、次が大ちゃん!w」

最後に有岡のうちわを取り出すものの一瞬でカバンに戻す三宅くんww

有岡「ちょっと三宅くん僕のうちわだけしまうの早くないすか!?」

光「早速イジられてますけどもw」

薮「お昼の公演は長野くんが来てくれたんだよね」

裕翔「やっぱり(先輩が見に来てくれてると)意識するよね」

薮「JUMPのコンサートにV6さんが来てくれるって珍しいよね」

ここでカメラに映っていた坂本くんがなぜか厳しい眼差しをステージ上にJUMPに向けるw

伊野尾「坂本くん止めてくださいwそんな審査員みないな目で見ないでくださいw

薮「一緒に(番組で)すいか育てた仲じゃないですかぁー」

光「すいません、緊張するのでそろそろライトOFFでお願いしまーす」←

ここで3人へのスポットライトが消える。

有岡「最後まで楽しんでいってください!!」

 

薮「今年は先輩とたくさんご一緒させてもらったよね。24時間テレビ以外にも(嵐の)ワクワク学校とかも」

光「そうだねー。でお昼はさっきも薮が言ってたけど長野くんが見に来てくれたから、円陣が、『ウルトラマーン、』『ディガー!!』だったんだよね。それで今回は、『学校へー』『行こー!!』だったw

有岡「俺らもろ世代だからね」

薮「円陣は光が毎回何言うの?って気になってるw」

光「今までやったやつだと、『はっきょーーい、』『のこったー!!』っていうのがあったよね

客席「wwww」

光「あとはNARUTOにハマってたときとかは、『影分身のー、』『術ー!!』とかね」

薮「あれは意味わかんなくてみんな『??』ってなってた」

伊野尾「もう円陣の掛け声は光の自己満足になってるよね」

光「え、でもみんな楽しそうじゃん」

全員「」

光「え、楽しくないの!?」

薮「光が何言うかそれだけが気になっちゃってw」

光「そっか...パリーン(ボソッ)

全員「.....ww」

薮「なんだよ今の音w」

有岡「意外ともろいんだねw」

 

山田「いやでも今年はいろんな番組やらせていただきましたからね」

薮「いただきハイジャンプとかリトルキョートーライブとかね」

全員「ん?」

山田「薮さん今何て言いました?wリトル『キョートー』ライブって言いませんでした?w」

薮「wwww」

有岡「いろんなロケ行かせてもらったよねー。いのちゃん何か印象に残ってるのとかある?」

伊野尾「俺ねー、トラの着ぐるみ着て追っかけられたやつw実はあの日本当にちょうど自分の誕生日で、

裕翔「6月22日ね」

伊野尾「そう。それでお母さんにトラの写真撮ってメールで送ったの、そしたら無視されたよね

全員「wwww」

裕翔「ハメ外し過ぎたと思われたんだろうねw」

知念「いのちゃんのあの写真もちゃんと伊野尾フォルダに入ってますんで」

※前日のMCで、知念の携帯電話にいのちゃんの画像だけを入れた専用フォルダがあるという発言がありました。

薮「昨日くらいからだっけ?携帯に伊野尾専用のフォルダがあるの」

光「なんでいのちゃんなの?他のメンバーは作らないの?」

有岡「俺のは?有岡フォルダも作ってよ」

知念「..すいませんちょっと興味がないので」

光「え、俺のは?」

知念「作り...ましょうか?」

伊野尾「今すごい知念が気遣ったよww」

薮「なんか今日みんな光に冷たいねww」

客席「wwww」

薮「じゃあ俺が光の作るから」
光「あ、気持ち悪いんでいいです」
薮「いーよぉーだ、POTATOとかduetとかwink upとか写真撮って自分で作るからぁー

なんのやぶひかですか。

 

光「でもみんな最近が出てきたよね、バレてきたというかw山田はこの間吊り橋渡ってたよね」

山田「はい、もう二度とやりたくありません

薮「なんかグサッときたのはさー、『薮に終始イライラしてました』って言われたこと」

山田「まじむかついたわー」

全員「wwwww」

光「いただきハイジャンプはね、月替わりでひとりひとりMCやってるんだよね、今は髙木かな?」

髙木「そう、まじ緊張したー!」

山田「いやいのちゃんよりマシだったよ」

伊野尾「やめろよ」

光「まだやってないのって誰?」

圭人、知念、大ちゃんあたりが手を挙げる。

光「知念がMCってイメージ全然ないから珍しいよね。ちゃんとできる?w」

知念「いやー、なんなら僕の回は8人MCで僕ゲストでもいいですよ」

全員「なんだそれww」

有岡「いやでもMCってやっぱり緊張するんだろうね。髙木(収録中)ずっとこうやって親指握りこぶしの中にしまってその手が震えてたもんw」

髙木「収録終わって、初めてみんなに『今日は助けてくれてありがとう』って言ったもんw」

薮「大丈夫だよ、ちゃんとみんなで助けるよ」

メンバー愛(´;ω;`)ブワッ

 

光「髙木のリアクション芸も面白かったねー」

髙木「違うよあれは芸じゃなくて本当に驚いてるの!!」

光「俺の中では髙木と裕翔と大ちゃんはリアクション芸人だと思ってる

3人「ちょっとww」

薮「で、光はモノマネ芸人でしょ?w

光「まんざらでもないです(どや)」

山田「圭人しゃべれよ!!!(突然)」

圭人「!?」

山田「まーたさっきから何にもしゃべってねーじゃねーかよ!!」

圭人「えー、大丈夫大丈夫、楽しい楽しい」

客席「wwwww」

薮「客観的に見る係はやめてよw」

圭人がここで一歩後ろに下がろうとするw

有岡「下がらなくていいからw」

圭人「OK,I'm Okamoto Keito,よろしく(キメッ)」

裕翔「自分の名前と『よろしく』しか言ってないからね」

全員「wwwww」

裕翔「圭人もいつかMCの番くるんだよ?大丈夫?w」

圭人「大丈夫大丈夫、できるできる」

光「本当かよww大ちゃんもまだやってないよね?」

知念「でも大ちゃんは昔少クラで司会やってたもんね」

光「世界のMC目指すって言ってたよね」

有岡「そんなこと言ってないよ.........あ....(思い出した顔)」

山田「有岡さん世界へ行ってしまうんですか?ということは井ノ原くんを超えるということでよろしいですか?

有岡「(関係者席に向かって)うそうそ、言ってないですよ、井ノ原違いますよ

光「今テンパって井ノ原くんのこと呼び捨てにしてたからねw

有岡「すみませんごめんなさい井ノ原くん、ホントすみませんっ(汗)」

 

山田「いやでも本当にいろいろやらせてもらってますよ」

光「山田も映画あるんだよね」

山田「はい、私事ではありますが、11月7日公開の『グラスホッパー』という映画に、セミ役として出演させていただきました」

光「予告も流れていよいよだねー」

山田「そうだねー、ちょうど髪もこのくらいの色でね」

髙木「どこの映画館行っても巨大ポスター貼ってあるよね?」

薮「なんか変な感じじゃない?メンバーのポスター見るのってw」

裕翔「これ俺のメンバーだよー!って言いたいよね」

光「待って待って、実際言う?これ俺のメンバーだよー!ってw」

裕翔「言わない...かも...」

全員「wwwww」

薮「『これ俺のメンバーだよ!ほら!!ほらほら!!!』」

周囲の人を呼び寄せるモノマネを急に始める薮さん。

光「人集めないの!」

 

山田「他にもね、ちぃちゃんも」

知念「はい、内村さん主演の『金メダル男』という映画に出演させていただくことが決まりました!」

有岡「内村さんは監督もやってるんだよね」

知念「そう、普段バラエティではね、先生と生徒っていう形でやってるけど、すごく丁寧にいろいろ教えてくれて」

裕翔「いつやるんですか?」

全員「.....ん??」

伊野尾「小学生が工場見学行ったときみたいな質問の仕方だったよw」

裕翔「もう俺今日だめだあああああああ」

みんなに慰められる裕翔w

光「いつ頃公開ってことかな?w」

知念「一応ですね、来年2016年公開予定です!」

有岡「どんな内容なの?」

知念「主人公が小学生のときにかけっこで1位をとるんだけど、そこからずっといろんな1位を目指していくっていう半生を追う物語です。小さい頃は別の方が演じて、間が僕、大人になってからは内村さんが演じるんだけど、僕がうまくできればとても面白い作品になると思うのでよろしくお願いします!」

裕翔「Believe youeself!!」

光「それ圭人でしょw」

裕翔「そう圭人.....あれいない....

※このとき山田&圭人はお着換えタイム

裕翔くん本当にこの日どうしましたかw

 

光「知念は他にもあるんだよね」

知念「はい、『参勤交代リターンズ』という映画にまた出演させていただきます。前回は江戸へ行ったので、今回は江戸から帰ってくるお話です。また面白いことが起こって楽しい作品になると思うので、みなさんよろしくお願いします!」

(拍手)

知念「あとテレビの方で、『必殺仕事人2015』にも出演させていただきました!」

裕翔「今回はどんな敵を倒したの?」

知念「女性のみなさんの敵を倒しました!」

光「(カッコつけた低い声で)おなごに手を出したのか!?

有岡「違う違う、日本語が難しいね、女のひとたちにとっての敵を倒すってことだちょね」

知念「そうw」

 

完全に昼公演のデジャヴいただきましたw

mk1010.hateblo.jp

 

知念「前回は短刀でぶすっと刺すだけだったんだけど、

全員「待って待ってww」

知念「え?w」

有岡「さらっと言うけどさw」

 周りみんなで知念を止める感じ可愛かった。

知念「今回は仕事人らしくトリッキーな技も出てくるので、楽しみにしててください!」

(拍手)

光「裕翔も映画があるんだよね」

裕翔「はい、来年1月9日公開の『ピンクとグレー』という映画で主演をやらせていただきました!NEWSの加藤くんが原作を書いた作品です!」

光「この間韓国行ってきたんだよね」

裕翔「そう、釜山行ってきたよー!レッドカーペット間に合わなかったけどw早く日本でみんなに見てほしい!!」

光「シゲが、映画先に見ちゃうとそれに捉われちゃうから原作を先に見てほしいって言ってた、らじらーで

全員「ww」

光「あ、このあとらじらー生放送なのでそちらもよろしお願いします!iPhoneとかでも聴けるみたいなので、ぜひ聴いてください!」

薮「ストリーミング配信的な?」

光「いやなんか、NHKのアプリとかなんかそんなようなのがあるみたいで、よくわかんないけどw」

薮の無駄に詳しい質問んい戸惑う光さん。

 

裕翔「大ちゃんもね、早く帰って見なきゃ!!っていうのがあるよね!!」

有岡「あ、忘れてた。日本テレビ系列でこのあと21時からスタートする、『掟上今日子の備忘録』というドラマに出演させていただきます!」

光「え、あれ大ちゃん出てたんだー」

有岡「出てるよ(怒)えっとですね、今日子という寝ると記憶を無くしてします探偵が事件を解決していくという物語です!」

光「大ちゃんみたいだねー」

有岡「いや俺記憶力は良い方」

光「そうかなー?」

有岡「そうだよ(怒)」

何このやりとりwww

光「どんな役だっけ?」

有岡「俺はね、みんなの助手、塗くん♡」

客席「かわいーー♡」

光「今の言い方なんか可愛かったw」

有岡「wwいろんな有岡が見られるので、帰ったら見てください!...あ、らじらーが先か

 

伊野尾「(髙木と肩を組みながら)俺と髙木は10月13日火曜日に夜19時からフジテレビで放送される『クイズ!なりきりアニマルパーク』という番組に出演させてもらいました!!」

光が2人にいろいろ聞こうとしてる中、肩を組んだ2人の間から薮がニコニコ顔でカメラに目線を送り客席から笑い声がw

それに気が付いた伊野尾が、

伊野尾「すみませんちょっと悪ふざけやめてもらっていいですか」

髙木「もし良かったら見てください!よろしくお願いします!」

有岡「髙木の方がしっかりしてるよーw」

 

ここで着替えを終えた二人が戻ってくる。

有岡「あ、もう二人が準備できたみたいなのでそろそろ二人に任せようか!」

光「(去り際に客席に向かって)座って聞いている人もいるみたいなので、みなさん立って聞いてあげてください!

メンバー愛(´;ω;`)ブワッ(再)

山田「ありがとうお父さん」

 

山田「(客席に向かって)きりーつ!!」

圭人「フーーー↑↑」

客席「フーーー↑↑」

圭人「イエーーー↑↑」

客席「イエーーー↑↑」

圭人「フッフーーー↑↑」

客席「フッフーーー↑↑」

圭人「タッ!(高い声で)

客席「タッ!

山田「最後の可愛くね?」

客席「キャーー♡」

山田「もう一回やって」

圭人「タッ!」

客席「タッ!」

なんだこれ。

山田「岡本さん満足ですか」

圭人「いいどす、w」

山田「どす?w」

 

圭人「(客席に向かって)今日誕生日の人ー??

ちらほら手が挙がる。

圭人「おめでとう!」

!!!! 

(私事で申し訳ないのですが実は管理人は10月10日本当に誕生日でした、泣きました←)

圭人「じゃあ昨日だった人ー?」

またちらほら手が挙がる。

圭人「おしいね」

客席「www」

圭人「明日の人ー?」

(繰り返し)

圭人「おしいね」

山田「なんだよw」

圭人「じゃあ今日誕生日にあなたに送ります(ギターを弾き始める)」

ありがとう圭人(´;ω;`)←

 

圭人「山ちゃんの銀髪似合ってると思う人ー?」

客席「はーーーい♡」

圭人「山ちゃん可愛いんだよ。昨日ね、『大丈夫かなー、染めちゃったけどみんなびっくりしないかなー』ってずっと心配してたの

客席「かわいーーー♡」

山田「はい(照)、というわけでね、歌いましょうかw

 

こんな感じで歌い始めようとするもののお互い笑ってしまうなかなか始められない山田と圭人でしたw

 

 

 

 

完。

 

 

 

 

 

10月10日の公演はアドリブも多くてメンバーのテンションが全体的に高かったかなーっていう印象でした。

まさか自分の誕生日にコンサートに行ける日がくるなんて思っていませんでしたが、とっても素敵な思い出になりました♡♡

 

 

 

。 

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 「JUMPing CARnival 」横浜公演 10月10日昼MC全編レポ

Hey!Say!JUMP

 

f:id:mk1010:20151011225240j:plain

 

 

声出しからスタート!!

 

 

光「盛り上がってますかー!?」

\いえーーーい!/

光「もっとー!!」

\いえーーーい!!/

光「もっとおおー!!!」

\いえーーーい!!!/

 

光「改めまして僕たちが・・・」

全員「Hey!Say!JUMPです!」

(拍手)

 

ここでお客さんが一斉に座り始めるのを見た山田が・・。

山田「ちょっと待ってくださいみなさん、誰が座っていいって言ったんですか!?

また立ち始める客席w

薮「いいですかぁ、みなさぁん、薮さんが、お座りくださいって言ったらお座りくださーい!はい、お座りくださぁい」

変な間を取りながら指示を出す薮さん。

光「何そのペリーみたいな言い方ww」?

山田「ドS薮くんだね

 

薮「いやでも今年の夏は24時間テレビでいろんな先輩と共演しましたけれど、今日はなんと、V6の長野くんが見に来てくれてます!!

関係者席にスポットライトが当たり長野くんが!!

全員「ウルトラマーン、ウルトラマーン!!」

ステージから手を振るJUMPに対して笑顔で振り返す長野くん。

全員「ありがとうございます!!」

 

薮「本番前にもお会いしたんだけど、光の今日の始まる前の円陣の掛け声が、『ウルトラマーン、』『ティガー!』だったのw

客席「wwwww」

薮「長野くん本当にありがとうございます!」

全員「ありがとうございます!!」

 

光「長野くん本当に優しいよね、今も仏のような笑顔だったし」

裕翔「上からライト当たってるのに後光が差してるみたいだったもんねw

薮「しかも高い位置(関係者席)にいたから天から見守ってくれてるみたいになってたw

 

光「みなさん24時間テレビは見てくれましたかー??」

(拍手)

裕翔「チャリTシャツもね、その時期になるとコンサートに着てきてくれる子がいたりとか」

有岡「そうそう、スタッフさんもね、着てくれてる方いたよね」

薮「大ちゃんにさ、自分のTシャツのmeのところ描いてよって言ったらさ、自分で書いてよって言われたw」

有岡「それだとmeじゃなくてyouになっちゃうからねw

 

山田「いやでもこの一年本当にバラエティも沢山やらせてもらったよね」

薮「そうだね、リトルトーキョーライブとかいただきハイジャンプとかね、冠番組本当に嬉しいよね」

全員「うん、嬉しい」

光「体張ってますよいっぱい」

薮「自分で言うのもあれですけど、俺も普段はキラキラしたアイドルやらせてもらっててー

山田「いやあなたはそうでもないですよ」

山田のツッコミwww

薮「キラっ☆

全員「」 

光「昭和だなー(呆れ)」

 

 

光「バラエティだと素のJUMPが見られるから面白いよね。あといただきハイジャンプだと、MCをみんなで交代してやってるんだよね。今放送されてるのは髙木の番のやつかな?」

髙木「そうです!」

光「本当に楽屋から全然しゃべらないよね」

髙木「いや本当に緊張してるんだって!!」

光「まだやってない人誰だっけ??」

知念、圭人、大ちゃんあたりが手を挙げる。

知念「不安だなー、自分のときw」

光「圭人の方が不安だよ」

圭人「え、俺楽しみだよ」

光「じゃあ今司会やってみてよ、収録のつもりでさ」

圭人がみんなより一歩前に出てきて・・・

全員「はい、3・2・1....!!」

 

圭人「Ladies and Gentlmen,始まりましたいただきハイジャンプ!!フーーー↑↑

全員・客席「フーーー↑↑」

圭人「どうですかー、みなさん!?」

薮「なんかラジオのMCみたいになってるよ」

山田「でさー、今はお客さんいるから盛り上がってるけど、本来は一人だけだからね

薮「しかもいただきハイジャンプのスタッフさん厳しいから絶対笑ってくれないよw

圭人「えー、みんな笑ってよー」

山田「わかったじゃあ俺たちだけ盛り上がるからもう一回やろ

というわけで仕切りなおしてもう一度。

 

圭人「フーーー↑↑」

全員「フーーー↑↑」

圭人「イエーーー↑↑」

全員「イエーーー↑↑」

圭人「さあ始まりましたいただきハイジャンプ!!どうですかぁー、みなさん!?」

薮「あの30分番組なんで、尺がもったいないです」

光「俺がディレクターだったら絶対カットしてるよ」

圭人「なんでそんなこと言うのー(泣)」

髙木「大丈夫だよ、みんなが助けてくれるから」

伊野尾「いやでも伊野尾のMCもひどかったよ」

薮「そうそう、ここだけの話さ、(収録が)超押したよね

有岡「前代未聞の収録始まったのに一旦楽屋に返されるっていうのがあったからね

伊野尾「そー、なんか俺のせいなのか何なのか機材トラブルが起こって一回楽屋に戻されたんだよね」

客席「wwwww」

山田「でもいのちゃんさ、ニノさんのときもカミカミだったよね」

伊野尾「違うんだよ、普段は全然噛まないんだけどさ、」

光「いや結構噛むでしょ、らじらーでもさ」

伊野尾「いやらじらーのときは光だってひどいじゃん!だってこの間ガレッジセールのゴリさんのことゴレッジセールのガリさんって言ってたからねこの人

光「wwwwもうそっちの方がしっくりきちゃって最近そっちで呼ばせてもらってる

全員「だめだろwww」

伊野尾「家入レオさんの名前もなんか間違えてたよね?」

有岡「え、なんで?きゃりーぱみゅぱみゅさんとかならまだ分かるけど」

伊野尾「なんか家入レオさんの『家入』が出てこなくて、『レオ』さんって呼んでたの」

山田「その場合森本レオさんの可能性も出てくるからね

光「そう、それで『森本レオさん』ってボケて紹介して、一回ご本人にケガさせてるっていうw

全員「最低だwww」

光「しかもそのあと『家入さん』も噛んだし」

裕翔「リトルトーキョーライブでも光くんいっぱい噛んでたよね。あとゲテモノとか見ただけでえずくしw

光「あれはだって見た目もすごいし!あとなんだっけ、まだ放送されてないのかな?圭人と変なの食べたじゃん」

圭人「うん」

光さんがここで圭人を肩を組む。

光「この二人も体張ってんのよ」

伊野尾「俺だってなんか変なの、裕翔だっけ?一緒に食べさせられたじゃん!あ、違う、あれは薮と一緒だったときか。牛の食べたじゃん・・あれだよ・・こんなところで言えないよーーー(泣)

※中華料理のゲテモノ、牛のペ〇スのことです

客席「wwwww」

薮「牛のココだよココ」

下腹部を丸で囲って指差す薮さんwww

光「いのちゃんゲテモノ食べること多くない?」

伊野尾「やめてよそんなこと言ったらゲテモノばっか食べてる奴みたいになってまた嫌われちゃうよぉー><

光 「もう嫌われてるだろ」

伊野尾「おい」

有岡「ケンカなら外でやってくれよ!!!」

BESTコーナーのパロディかなwwww

薮「俺伊野尾のこと割と好きだけど割と嫌いだわ」

伊野尾「何だよそれ」

薮くんの究極のツンデレ出ましたwwww

光「俺は割と嫌いだわー」

伊野尾「おい」

光「だってさー、この間スクール革命のゲスト先生で圭人といのちゃんが来てくれたんだけど、カメラ回ってないところで内村さんに、『Hey!Say!JUMPってもしかして全員ポンコツなの?』って言われたからね」

全員「wwwww」

薮「内村さん、正解です(カメラ目線)」

 

伊野尾「最近さー、アニマルパークの収録もそうだし、動物園で追いかけっこしたりさー、動物の格好の仕事がやたら多いんだよね

有岡「そうだね、さっき歌(ペットショップラブモーション)でも着てたもんね」

裕翔「段々板についてきたんじゃない?w」

薮「きっと動物に縁があるんだね今年は」

伊野尾「あとはなんだっけなー、」

山田「いやそんなこと言ったら圭人とかゴリラだけだからね

圭人「やめてよ(泣)」

山田「あれやってよ、いつものゴリラのやつ」

圭人「やめてってばもう、ゴリラがかわいそうだから

客席「wwwww」

薮「髙木なんてチンパンジーにツバかけられてるからねw」

髙木「本当だよ」

 

髙木「そういえばこの間アニマルパークの収録中、(千原)ジュニアさんがずーっと伊野尾くんのこと見てたの

光「あ、テレビで『好き』って言ってくれてたもんね」

髙木「そう、だから俺もうどの立場でいればいいのかわからなくなっちゃってw

薮「もうジュニアさんと伊野尾の仲介人でいいんじゃない?」

髙木「wwwwそしたら一緒に出演してた武井壮さんがすごく気遣ってくれて、休憩中に肩ポンッって叩きながら、『俺は髙木くん派だよー』って

全員「やさしーー!!」

光「この会場で武井壮さんの株めっちゃ上がってるよw」

客席「wwwww」

髙木「でも収録楽しかったよね」

伊野尾「うん楽しかった!みなさんよろしくお願いします!!」

(拍手)

山田「すみません、僕も宣伝いいですか?」

光「どうぞどうぞ」

山田「えー、11月7日公開の『グラスホッパー』という映画にセミ役として出演させていただきました。主演は生田斗真くんです。ちょうど今くらいの髪色しています!」

薮「撮ってたのいつだっけ?」

山田「一年ちょっとくらい前かな...」

薮「やっとだねー。ちらほら『セミ』うちわ持ってる子もいるよねー」

山田「ありがとうございます」

薮「そろそろ抜け殻になってるかな」

山田「違いますよーー」

 

薮「さあ続いても映画繋がりで、知念」

知念「はい。内村さんが主演と監督を務める『金メダル男』という映画に出演させていただくことになりました。内村さんとはバラエティでご一緒させていただいているんですけど、今回は監督としても一緒にやらせてもらってます」

光「監督としても内村さんはどんな感じなの?」

知念「すごく丁寧にひとつひとつ説明してくれて、とってもやりやすい」

光「へえー」

裕翔「内村さんの若かりし頃を演じてるんだよね?」

知念「そう、ある人物の半生を描いてるんだけど、僕がその真ん中で、内村さんが大人になってからを演じてるの」

有岡「スポーツ系の話ではないんだよね?」

知念「そうだね、いろんな一番を獲っていく!っていう話です」

裕翔「いつごろ公開ですか?」

知念「来年かな、2016年公開予定なのでみなさんよろしくお願いいたします!」

(拍手)

光「知念はまだ他にもあるんだよね?」

知念「そうなんです。『参勤交代リターンズ』という映画にも、前回に引き続き出演させてもらいます。今回は江戸から帰ってくるお話です。きっとまた面白い作品になると思うので、みなさんこちらもよろしくお願いします!」  

(拍手)

光「知念は2016年多いねー」

知念「そうあと必殺仕事人2015も秋に放送させますのでこちらも」

光「でももう秋だよね?w」

知念「いや、僕の中で秋は11月だと思ってるので」

裕翔「誕生日があるからねw」

知念「はい(キリッ)」

光「今回はどんな敵と戦うの?」

知念「今回はですね、女の人の敵を倒します!」

光「女の人?おなごに手を出すのか!?(変に何かの役に入ったような低い声で)」

有岡「違う違う、女の人たちにとっても敵を倒すってことだよね?」

光「はい、八乙女ポイント入りましたああああ!!(笑顔で挙手)」

有岡「いいからもうそれはw」

知念「いやでもね、JUMPは女性のみなさんの味方ですよ(キリッ)」

客席「キャーーー」

伊野尾「俺は敵だよぉ!」

光「もうこういうところが割と嫌いなんだよ!!!!」

 

薮「裕翔も映画あるんだよね」

裕翔「はい、来年1月9日公開の『ピンクとグレー』という映画で主演を務めさせていただきました。それでこの間その作品が釜山国際映画祭に出品されて、韓国へ行ってきました!」

薮「自分の観てみてどうだった?」

裕翔「客観的に観ても斬新だったねー。(光に向かって)見てね、絶対!!

薮「なんで光個人に向かって言うのw」

光「裕翔さ、ステージ上だと説明ヘタだよね、楽屋だとめっちゃわかりやすいのにw」

裕翔「フライヤー見てください!w」

有岡「いやでもびっくりするシーンとかあるんだよね」

裕翔「ベットシーンとかベットシーンとかベットシーンとかベットシーンとか...」

裕翔www

有岡「(手で自分の身長より低かったことを示しながら)あんなに小さかった裕翔がねー」

薮「(急におばちゃん口調になって)あら羨ましいー、裕翔さんとベッドシーンなんて、ああー、羨ましいー

 

裕翔「楽屋でやる?」

 

 

(;;゚;;ё;;゚;;)!

裕翔くん!?!?

 

 

光「薮はこっち(オネェ)なの?」

薮「俺はあっちでもこっちでもありませーーん」

光「うるさい!!!!」

 

光「なんかね、映画見てからじゃなくて、見る前に本読んだ方がいいの...ってシゲが言ってた

裕翔「あ、言ってたんだw」

有岡「あ、あと今日!!」

全員「!?」

伊野尾「ぬるっとぬるっと!!」

有岡「そうそう、忘れてたよ!!あぶねー!!えっと、今日の夜9時からスタートする、日本テレビ系列の『掟上今日子の備忘録』という新垣結衣さん主演のドラマに出演させていただいてます!!」

薮「食リポの役?」

有岡「違うよ、食リポの役ってなんだよwえー、いろんなものに変身して潜入捜査なんかをしていく役です。いろんな有岡が見られると思うのでぜひご覧ください!!」

(拍手)

有岡「いやー、僕にぴったりな二枚目の役なんだよねー」

全員「」

光「...このあと終わったらみんなで眼科行こうか」

有岡「おい」

 

このあたりで山田&圭人のお着替えが終わり二人がステージに戻ってきたので...

薮「お二人おまたせー、あとはお任せしまーす」

ここで2人以外はハケる。

 

圭人「(ギターで)ジャーン♪

山田「(客席に向かって)きりーつ!!」

圭人「れーい!!」

山田「ちゃくせーき!」

客席「(座る)????」

山田「違うよ!!みんな立ってよ!!」

あなたが着席って言ったのよww

 

圭人「フーーー↑↑」

客席「フーーー↑↑」

圭人「イエーーー↑↑」

客席「イエーーー↑↑」

圭人「JUMPのこと好きですかー?」

客席「はーーーーい♡」

圭人「山ちゃんのこと好きですかー?」

客席「はーーーーい♡」

圭人「圭人のこと苦手ですかー?」

客席「はーーーい、???」

圭人「ちょっと!!(泣)」

山田「俺も苦手だわー」

圭人「なんで(T_T)」

山田「ていうかさー、みんな始まる前のJUMPコール小さくない??ちょっと手抜いてたっていう人ー??

客席「はーーい」

山田「はーいじゃないよ!!!(怒)こっちだって頑張ってるんだよ!!頼むよ!!!」

 

圭人「山ちゃん俺ね、今日アイドルっぽい自己紹介考えてきたんだ」

山田「え、ゴリラが?」

圭人「ちょっと!!(泣)じゃあやるからね」

山田「いいよ」

圭人「Hey!Say!JUMPというグループに所属しています、岡本圭人です!誕生日は1993年4月1日!エイプリルフール!でも生まれてきたのはウソじゃない!!」

山田「...ちょっと良かったよ?w

圭人「ありがとうwじゃあ山ちゃんもやってよ」

山田「は!?俺はないよ、ばっかお前ふざけんなよ!!」

圭人「やってよーー」

客席「やってーー!!」

山田「...絶対エースの山田でーす(ボソッ)

客席「フーーー↑↑」

山田「違うよー、無理だよー、歌詞になるから言ってみたけど(照)」

圭人「...やろうか」

山田「うん」

 

 

 

 

完。 

 

 

 

地方より宣伝が増えたせいか少し短く感じましたが、相変わらずJUMPさんらしさ溢れるMCでほっこししました(笑)

 

 

 

 

なぜ私はMCレポを書くのか、レポの作り方を紹介しながら考えてみた。

Hey!Say!JUMP

 

時の流れは怖いもので気が付けば10月になっていた。
 
ついこの間、JUMPing CARnivalの名古屋公演が終わり、無事MCレポを更新して一仕事終えたと思っていたら、あっという間に1ヶ月以上経ち、いよいよ本日からツアーファイナルである横浜アリーナ公演が始まる。
 
 
私は横浜アリーナ公演には2公演参戦予定である。今回ももちろんMCを全力で作成するつもりだ。
 
このブログを始めてから、JUMPing CARnivalのMCレポを3つ書いた。
 
 
言ってしまうとMCレポを作成するのは非常に大変である。でもMCレポを公開する度にブログへのアクセス数がなんと普段の3~5倍になった。それだけ多くの方がこのこのMCレポを読んでくれているということである。
 
嬉しい。有り難い。
 
というわけで今回、MCレポの作成過程をご紹介しつつ、なぜ私がMCレポを書くのか、この嬉しさの正体について私なりに考えて書いてみることにした。
 
 
 
 
<MCレポができるまで>
 
 
1.ひたすらメモ!メモ!メモ!!

コンサート中、JUMPさんのMCをひたすらメモる。

一番大事な作業である。

なんせJUMPさんは人数が多い。しかも近年は比較的全員でわいわいしゃべることが多くなってきたため、もう誰が何を言っているかわからなくなったり、話題がどんどん変わっていってしまい全然メモが追い付かないことなんて日常茶飯事。それを覚悟の上でノートとにらめっこしながらひたすらペンを動かす!動かす!!動かす!!!!

これが失敗すると大変なことになってしまうのでもう必死である。最近はMCタイムが近づくにつれ不安で変な緊張感を感じるほど。

もちろん会話を一字一句書くことは不可能なので、重要な単語などを瞬時に拾って、それを誰が言っていたかがわかるように書いていく。

 

ちなみに実際のメモがこちら↓

広島1日目のものである。

 

f:id:mk1010:20151009191404j:plain

 

こんな感じで相当文字が崩壊している。

公開するかどうか正直躊躇った。

 

 

2.メモに付け足しをしていく

先ほどのメモをそのまま文章にできるように補足をする。

断片的にしかメモできなかったものを、記憶だけを頼りに今度は青ペンで付け足していく作業である。メモから連想できる記憶が思い当たらず小一時間ほど唸っていることもしばしば。

ここで内容がほぼ完成するのでこの作業もかなり重要である。

しかも頼りにできるのは実際のMCの記憶のみなので、コンサート終了後なるべく早いうちにこの作業を行う必要がある。帰りの電車の中や、遠征時はホテルで必死にメモの隙間を埋めていく作業をする。

 

こんな感じ↓

先ほど登場したページに付け足しをしたものである。

 

f:id:mk1010:20151009203516j:plain

 

 

3.ブログに書く

 実際にブログの記事にしていく。これが一番時間がかかる。

とにかく文字数が半端ない。全部文字お越しするだけで相当な時間がかかる。

文章にしてみると流れがおかしくなっている箇所が見つかったりもするので、ここでも修正が入っていく。

全て書き終わったら、所々文字を大きくしたり色をつけたりしてく。センスください。

 

 

 

完成!!!

 

 

と、こんな流れで私はMCレポを作成している。

コンサート中にMCをメモする時間も含めると、ひとつのMCレポに5~6時間はかかっていると思われる。

 

ではなぜこんな大変な思いをしてまで私はMCレポを書いているのだろうか。

自問自答して考えてみた。 

 

  • 振り返れて楽しいから

JUMPさんのMCは本当に面白いしその時々で印象深いものばかりであるが、残念ながら月日が経つにつれてその内容は私の脳内では曖昧になっていく。

レポという形で「記録」に残しておけば、楽しかった思い出をネット上に半永久的に保存することができるし、いつでも振り返れる。

そして、書いている途中もMC中のメンバーの顔が浮かんできてなんだか楽しい気分になる。傍から見るとちょっと気持ち悪いけれど。

 

  • ファンの方々と共有したいから

上の理由よりこっちの理由の方が段違いに大きい。

まだ私が中高生で、遠征もできずツアーごとに1回しか参戦できなかったころ、自分が参戦できなかった公演のMCレポを読むのがそれはそれは楽しみだった。当時はまだTwitterもジャニヲタにとって当たり前のツールではなく、リアルタイムで公演直後に情報が手に入ることもなかったので、知り合いのブログに書かれているのを読んだり、当時はやっていたメルマガ*1で流れてきたものを見たりしていた。

自分が参戦した分のレポも書いていたけれど、参戦しなかったツアーのことでも、こうして他の誰かがネットというツールを利用して書いてくれることで、私もその楽しさを分かち合うことができるんだ、なんて幸せなんだろうとか純粋に思っていた。

それと同時に、遠征をして同じツアーに何回も参戦されている方々に対して素直に「羨ましい」と思ったし、私も大学生*2になったらたくさんアルバイトをしてお金を貯めて、こうやってJUMPさんのコンサートいっぱい行くんだ!!と漠然とした野望を抱いたりもした。

 

月日が流れ、私も無事に大学生になり、念願だった遠征や複数回参戦も実現した。そして私は、参戦したすべての公演のMCレポ作成に挑戦している。

ネット上でそれが保存される場所は変わってしまったけれど、相変わらず作成に膨大な手間と時間がかかるけれど、それでも私は、私以外の誰かがこのMCレポを読んでくれることが嬉しくて仕方がない。

 

JUMPさんのMCは銀河系一面白いのだから、それが会場にいた数万人しか伝わっていないなんて勿体無さすぎる。

その公演に参加しなかった方ともこの面白さを共有したいし、当時の私のように、あまり公演に行けない人にとって何かのモチベーションになってほしい。

大分恩着せがましい言い方だけれど、とにかく画面に向こうにいる誰かにどうしても伝えたいと思うから私はレポを書き続ける。最近はTwitterのおかげでリアルタイムで情報は手に入るが、140字ずつの断片的なレポではなくて、流れの面白さも伝わる全編レポにこだわって書き続ける。

私は周囲にJUMP担がほとんどいないこともあって、普段はあまりこういった感動を直接分かち合う場があまりない。だから、こうしてネット上にレポを上げることで、需要が全くない可能性もあるが、読んでくれた誰かと「楽しさ」「喜び」「感動」を分かち合うことができていると信じて、私はまたMCレポを作成するために気合を入れ直す。

 

 

それではツアーファイナル横浜アリーナ、いってきます。MCレポ、今回も頑張らせていただきます。

 

 

 

 

*1:メルマガ配信サービスの「スイマガ」のこと。懐かしいと思った人は多分私と同世代。ちなみに私も発行していた。「山田跳509号」というメルマガ名に見覚えがある方はご一報ください。笑

*2:私は高校までアルバイト禁止の学校に通っていた

#とあるジャニヲタの1日 3つのヲタクを兼業する実家暮らしの大学4年生の場合

Hey!Say!JUMP

 

みなさんごきげんよう。

大分お久しぶりの更新になってしまった。

 

シルバーウィーク明けに更新しようと準備していた記事があったのだが、どうしても書きたいテーマがあったためこちらを優先することにした。

 

そのテーマとは、

「とあるジャニヲタの1日」

 

きっかけは、以前より拝読させていただいているあややさんのブログの記事だ。

moarh.hatenablog.jp

 

この記事は、先頭に「#」が付いているいる通りTwitterハッシュタグを想定して書かれており、実際このタグを利用して既に多くのジャニヲタの皆さんが自身の1日についてツイートしている。

ヲタクとして参考になる部分も多々あり非常に興味深かった。

で、私も自身の生活を振り返る意味でも便乗したくてしたくて仕方がない衝動に襲われたためやってみることにした。

 

 

というわけでこの記事で私のブログに初めて飛んできてくださった方もいらっしゃるかと思うので簡単に私のスペックを。

 

1993年生まれ、現在大学4年生

就活は終了しており、来年3月に受ける国家試験の勉強と卒業論文の執筆が当面の課題。

3つのヲタクを兼業している。

ジャニーズ→Hey!Say!JUMP 山田涼介担当

AKB48G→NMB48 薮下柊HKT48 宮脇咲良、(AKB48 佐藤妃星

ディズニー→年パス所持、ミニーちゃんヲタ

 

 

 

前置きが大変長くなってしまって申し訳ない。

 

 

それではいってみよう!!

 

「#とあるジャニヲタの1日 3つのヲタクを兼業する実家暮らしの大学4年生の場合」

 

 

f:id:mk1010:20150925225825p:plain

 

まずこの時間帯の円グラフを作るのに相当時間がかかった。

でもこんなことがなければこのグラフの作り方を一生知らないまま終わっていた、ありがとうあややさん。←

 

  •  22:30~5:30 睡眠

睡眠時間は7時間と結構長め。アルバイトがある日は帰宅自体が22時半ごろになるなど日によって就寝時間は前後するが、平均するとこのくらい。「睡眠時間を削って○○しよう」という考えは昔から好きではなく、睡眠はかなり大事にしている方だと思う。よって深夜帯の番組をリアルタイムで見ることはまずない。22時スタートのドラマも録画予約をしてその場では見ないことがほとんど。

 

  • 5:30~6:15 朝食・支度

起床時間は多分早いほう。中学1年生のときから埼玉→都内の電車通学をしており、混んでる電車に乗りたくない&余裕をもって登校したいという理由だけで、乗る電車の時間がどんどん早くなった結果がこれである。大学生になった今でもその考えはあまり変わっておらず、中高6年間の癖が抜けなかったこともありこの時間の通学を続けている。目覚ましをかけなくても遅くとも5:45には目が覚め、友達からは頭がおかしいと言われる始末。起きてから出発までの45分の内訳は、着替え・歯磨き・髪を整えるで15分、朝ごはんの支度と食べる時間と片づけ全部合わせて25分、忘れ物チェックなどで5分である。ちなみに私は諸事情により普段はメイクをしない。

 

  • 6:15~7:45 通学

自宅から最寄り駅までは自転車で15分程度の距離だが、朝は父が車通勤のついでに駅まで送ってくれる。ありがたやー。通学中は、Twitterを開き就寝~起床までのタイムラインをざっと遡る→「#TDR_now」というディズニー好き向けの情報発信タグで、前日のディズニーでの出来事や混雑状況を把握する→AKB48GのまとめサイトとメンバーのGoogle+・ブログをチェック・・・という作業で時間が過ぎていく。TL上で目新しい情報があればそれについて詳しく把握していき、深夜番組のネタバレも特に気にせず見ていく。時間が余った時は、AKB48卒業生、推しメンであった佐藤亜美菜ちゃんのラジオのPodcastを聴くことが多い。情報収集タイムは基本的に音楽を聴いている。2015年9月現在は、JUMPさんのツアーのセットリストを流しているか、アイドル声優グループi☆Risのいくつかの曲がお気に入りでエンドレスリピートしていることがほとんど。

 

  • 7:45~9:00 まったりタイム

突然やってきた謎のまったりタイム。この時間に特に名前がないので適当につけてみた。前述の通り無駄に早く通学しているため、1限がある日でも大学についてから1時間ちょっと余裕がある。大学にコンセントが完備された椅子と机のある自由スペースがあるため、そこでスマホを充電しながらひとりでまったりする至福のひと時である。何をやっているかはいろいろで、課題に追われているときであれば勉強をしているし、何か録画予約し忘れた番組があればその動画を漁っているときもある。ラジオの録音環境を整えて、JUMPさんのラジオ番組を聴く時間にも充てたいという小さな願望あり。ヲタ活タイムと言えばそうだし、そうでないと言えばそうではない。

 

  • 9:00~12:00 授業

4年生になってから時間割がかなり不規則であるため授業時間は日によって異なるが、最近は卒論執筆のために授業がない時間帯も研究室で作業をしていることも多いため、9:00〜16:00を大学で過ごすことを想定して書いてみた。授業は今現在は国家試験対策の科目が全てで、真面目に受ける。

 

  • 12:00~13:00 昼食

教室で友人と食べる。周囲にヲタバレはしているが、同じ界隈のヲタクはほとんどいないため、特にヲタク事とは関係のない他愛もない話をしながらランチタイムを楽しむことが多い。食べ終わった後はTLをざっとチェック。

 

  • 13:00~16:00 授業

真面目に受ける。

 

  • 16:00~17:30 帰宅

帰宅中は再びTLをチェックしたあと、ゲーム(主にツムツムかスクフェス)をしていることもあれば寝ていることもあれば図書館で借りた本を読んでいることもある。それぞれのヲタ界隈で有名なブロガーさんの記事を読んでいることもしばしば。近々ディズニーに行こうと思っている場合はこの時間に天気予報のアプリとにらめっこしていることが多い。ちなみに、ざっくりした天気予報ではなく何時頃から雨が降りそうかが重要なので、私はYahoo!の天気予報アプリを重宝している。雨雲レーダーもあって、パーク内にいるときもショー・パレード実施・不実施の重要な目安となる優れもの。こんな感じでで あっという間に最寄りに着く。

 

  • 17:30~19:30 入浴・自由時間

帰宅してからの時間配分も日によって様々なのであくまで平均的なものだが、帰宅してすぐに着替えて洗濯物を取り込んでお風呂のスイッチをオン、ベッドで少しごろごろしてからテレビで夕方のニュースを見ることが多い。政治経済含め日本の現状を把握する大事な時間(とかカッコつけたこと言ってみる)。だいたいは19時のバラエティが始まる前までに20分くらいかけて入浴する。録画した番組があるときはこの時間に見る。新曲やDVDをフラゲした日であればそれを見たりするのもこの時間。直近でディズニーへ行った日があれば写真の整理なんかをすることもある。バラエティ番組を見ながら勉強をする場合もある(捗るかどうかはご想像にお任せします)。ところでよく変わっていると言われるのだが、我が家では夕食の前に入浴と決まっている。そのため、夕食の準備をしているくらいの時間に帰宅した人が、「早くお風呂入って!!」と急かされるというのが我が家ではよく見られる光景である。

 

  • 19:30~20:30 夕食

夕食を作るのは基本的に母親であるため、夕食の時間はおのずと母親の帰宅時間によって前後する。母よ、仕事忙しいのにいつもありがとう。家族全員そろうことは最近はなかなかないが、我が家では食事中にテレビをつけることはなく、いろんな話をしながら食事を楽しむ。

 

  • 20:30~22:30 自由時間 

夕食後は21~22時の時間帯のテレビをリビング見ることもあれば、さっさと自室行きベッドでごろごろしながら雑誌を読んだり再びTLを遡ったりする。この時間帯は結構つぶやきも増える時間なのでTLを読むのは楽しい。できればこの時間を利用してブログの記事を少しずつ書いて、もう少し更新頻度を増やせたらいいなと思っている。しかし本来はこの時間は勉強に充てなければならない(真顔)。22時を過ぎるころになると次の日着る服や持ち物を準備して就寝。

 

 

以上である。

書いてみると想像以上に自分が日常でヲタ活に割いている時間が少ないことがわかった。「3つのヲタクを兼業する」とか堂々とタイトルに書いてしまったため、如何に時間をうまくやり取りして3つのヲタクを両立しているかについて書かれていると期待して読み進めていた方に対しては申し訳ない。基本的に毎日主にTwitterを利用しての情報収集しかしていない。目新しい情報があればそれに対してなんらかのリアクションはしていくが、ヲタ活らしいことを全くしてないと言える日もある。正直以前に比べてヲタクとしてはかなり下火になっている自覚はあるのだが、私自身はこのくらいが丁度良いと思っている。私にとって大学生活はとても充実しているものだし、それとは別の世界として3つのヲタ界があって、全部真剣に好きでそれを追っていて単純に楽しいという気持ちで生活している今現在である。だからここ最近特にジャニーズのフォロワーさんのツイートを見ていて、正直温度差を感じることが多々ある。だがしかし、私はJUMPさんもAKBもディズニーも大好きだし、そこから離れずにずっと見ていたいからこの生活を続ける。就職してもこのスタンスはあまり変わらないかなと思う。来年の今頃また同じ内容で記事を書いてみたい。

 

最後に、今回記事を書くことで本当に今の自分をいろいろな角度で見直すきっかけになった。タグを作ってくださったあややさんに改めて感謝してこの記事を終えたい。既にここに記した就寝時間から大幅に離れているなう。おやすみなさい。

 

 

 

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 「JUMPing CARnival 」名古屋公演 8月19日夜MC全編レポ

Hey!Say!JUMP
 
恒例のご挨拶から…
 
 
 
光「名古屋楽しんでますかー!?」
 
\ イエーーーイ!! /
 
 
光「改めました僕たちが…」
全員「Hey!Say!JUMPです!」
 
(拍手)
 
薮「さあさあお話しタイムですのでね、みなさんお座りください」
 
光「薮さ、9’s SOULのあれどうしたの?途中から全然歌えてなかったじゃん
 
 
セトリ前半に出てくるViva! 9's SOULで、薮ちゃんが途中で歌詞を間違えたためそこから歌えなくなり、裕翔に向かって曲中にぼそっと「ごめん…」と謝る→その後のメンバーも歌詞のちょっとしたミスを連発、圭人に至っては歌っているのに全然聞こえないというハプニングがありました。
 
 
薮「『タップだロックだ』のところを『ロックな僕ら』とか言っちゃって、そっからもう何もわからなくなって最終的に裕翔に謝った
裕翔「wwww」
高木「あれ連鎖したよね」
圭人「うん、俺も間違えた」
光「圭人に至ってはマイクの角度がズレてて全く音が入ってなかったからね
あれはそういうことだったのかww
 
裕翔「途中から全員で圭人のパート歌ったよねw」
薮「でもこんなの見られるのレアですからね(どや)」
裕翔「そんな偉そうにw」

 

山田「でもさー、さっき『我 I need you』であの辺(曲の後半に二人の立ち位置が並ぶポジションがある)で大ちゃんの踊りを後ろから見てたんだけどさ、大ちゃんの踊りってブスじゃない??

有岡「は?」

伊野尾「そんなことないよ!!大ちゃんは性格はブスだけどフリはブスじゃないよ!!

光「違うよ!顔はブスだけど性格はブスじゃないよ!!

有岡「おいっ!!」

薮「伊野尾、性格がブスなのはお前だぞw」

ここ死ぬほど笑ったwww

 

山田「(『我 I need you』で)手を右に出して動かすフリあるじゃん?普通はこのくらい(肘は曲げたまま手だけ動かす感じ)なのに、大ちゃんこんななの(肘も伸ばして激しく動かす感じ)。いつもの4割増しだよ」

薮「なんか全身タイツが似合う動きだね」

山田「おもしろいからいいけど」

有岡「はしゃいじゃうんだよね、どうしても」

 

薮「山田はオープニングからテンション上がってたよね」

高木「あれかww」

山田「え?え??(すっとぼけ)」

有岡「もう一回やってあげたら??」

伊野尾「鍵をどーのとか言ってたじゃん」

山田「言ってないよぉ(すっとぼけ)」

 

裕翔がウィークエンダーのイントロを歌い始める。

 

山田「『お前ら(中略)俺の心こじあけry』・・・もう噛んだからいいや(照)

裕翔「せっかくBGM流したのにー。でも照れちゃう山ちゃんも可愛い♡

突然のやまゆと(´;ω;`)ブワッ

 

 

ちなみに実際の山ちゃんのセリフは、

「お前らの好きってそんなもんかあ!?俺の心こじあけるつもりでかかってこいやああああああ!!!!」

でした。

 

 

薮「俺と山田は毎回悩んでるんだよねー、オープニングなに言うか」

裕翔「そうそれで始まる前薮くんが僕に、『気持ち悪くない程度にメロメロにできるやつないかな?』って相談してきたのwwww」

薮「そしたら裕翔が『俺がお前のこと興奮させてやるよ』ってw」

 

裕翔くん!?!?

このときの会場の沸き方半端なかった。

 

裕翔「俺はガイシホールって言ったよ」

ウィークエンダーの、「ふたり見つめあう目をそらさない それがオンリールール キミのためにIt's all right!! 無茶ぶり空振りドンと来い!」の部分を、

(裕翔)♪~なごやーーガイシホーール

(圭人)そらさないそれがオンリールール

(知念)♪~なごやーーガイシホーール

(山田)無茶ぶり空振り

(全員)ドンと来い!

と歌う場面がありました。

 

山田「でもここがガイシホールっていうのはみんなわかってるからね」

ごもっとも。

 

裕翔「薮くんさっきの(『~興奮させてやるよ』)やってよ!!」

薮「え、」

光「じゃあ今じゃなくてもいいから今日のどっかでやってよ」

薮「(考え込む)」

有岡「考えてる考えてるw」

薮「Wait a minitues.....決めた!」

有岡「楽屋でやっても意味ないからね」

薮「なんで楽屋でお前らに向かって言わないといけないんだよww」

光「風呂上がりとかにね」

薮「勘違いされるだろ!!」

光さん結構ギリギリの発言をしている。

 

で、こんな会話があったため客席がずっとキャーキャー言ってて、

薮「キャーキャーうるさい!!」

裕翔「みんなこういうの好きよねーw」

ばれてるwwww

 

薮「東京戻ったらすぐ24時間テレビだねー」

裕翔「そうだねー、あと3日?」

光「24時間テレビって、ヒルナンデスに例えると番組を12回やるってことなんだよね

全員「???」

有岡「そうだね、一回2時間だからね」

薮「いやわかりにくいだろ」

有岡「二人にとってはこれがわかりやすいんだよね!」

山田「普通に一日っていえば良くない??朝が夜になってまた夜が朝になるだけでしょ?」

光「じゃあ・・・授業を一日中ずっとやってる感じ?」

山田「それだとなんか嫌々やってる感じじゃん。このコンサートが一日続くって考えれば良くない?

客席「おぉーー!!(拍手)」

山田全力でどや顔。

 

光「俺と裕翔はTAOやるんだよね?・・・あれ、違うwパフォーマンス集団のTAOさんと和太鼓やるんだよね」

裕翔「そうなんですよ」

光「まだ練習2回しかやってないんだよね」

裕翔「そーー」

光「一緒にやる男の子がニュージーランドに行ったりしてて」

裕翔「そうだねー」

光「大変だけど練習頑張ってます!土曜日の19時くらいの予定なのでみなさんよろしくお願いします!」

(拍手)

 

山田「V6さんとスタンプもやるんだよね」

光「俺V6さんと練習すると未だに緊張しちゃう...あとネタバレになるからあんまり言えないんだけど、俺と薮のペアと、井ノ原くんと長野くんのペアでやるところがあって、そのときの長野くんの笑顔が最高だから注目してほしい

だそうです。

 

薮「一緒に踊ってるのも変な感じだよねー」

全員「そうだよねー」

有岡「俺長野くん見たときに、『うわー、ウルトラマンだぁ!!』って思った」

※長野くんは1996年放送の「ウルトラマンティガ」で主人公を演じていました。

全員「あーーーー!!!」

光「平成のウルトラマンの先駆けって感じだもんね」

有岡「ウルトラマンのシャンプーとか使ってたもん。楽しかったなー、あの頃のお風呂タイム(遠い目)」

高木「最近はお風呂入らないもんね」

有岡「おいっ!!」

高木さんがボケるまさかの展開。

有岡「安心してください、ちゃんと毎日入ってますよ」

薮「とにかく明るい有岡だww」

 

光「山田もね、ドラマがあるんだよね?」

山田「はい、『母さん、俺は大丈夫』というドラマをやらせていただきました(以下略)」

光「予告だけでも泣ける映画だよね」

山田「うん、演じていく中でもいろんな感情が動いていって、本当に他人事じゃないなって思える作品でした。とても満足できるドラマに仕上がったと思うので、みなさんよろしくお願いします」

(拍手)

薮「思いが届くといいね(仏の笑顔)」

 

光「山田は映画もあるんだよね」

山田「はい、11月7日公開予定の『グラスホッパー』という映画に、セミ役として出演させていただきますので、こちらもよろしくお願いします」

(拍手)

光「浅野さんってさ、昔ハワイいたとき会ったことあるよね?」

薮「待って待って、今の光の言い方だと昔住んでたみたいだよw」

光「違うw雑誌の撮影(?)でみんなでハワイ行ったときに、普通にすれ違ったの」

山田「その話した」

光「え、俺はしてない」

山田「違う、俺がその話(浅野さんに)したよって」

光「え、あのとき山田いたっけ?」

山田「いたよ!!」

いろいろ勘違いひかにゃん可愛い

 

山田「浅野さんと一緒にお風呂入る機会があったんだけど、そのとき、『ハワイですれ違ったことあるんですよ』って言ったら、『えっ!?!?』って浅野さんらしくない驚き方してたw」

薮「俺出川さんと一緒に入ったことあるよ」

全員・客席「wwwww」

薮「熱湯風呂じゃないよ」

全員「誰も聞いてないよw」

 

光「ゆーてぃーもね、映画があるんだよね」

薮「映画繋がりだね」

裕翔「はい、2016年新春公開予定の『ピンクとグレー』という映画で、主演をやらせていただきました」

光「一人二役やったんだよね?」

裕翔「そうなの、小説読んでても結構騙されるんだよねー」

光「映画化にあたってちょっと変えてるところとかもあるんだよね」

裕翔「そう、光くんがそれ難しいって言ってたもんね。本も読めば読むほど味が出るか感じで...」

光「スルメみたいだね」

裕翔「本当に本も面白いんだよ、やっぱり加藤くんの書き方がうまくて」

薮「伏線もいっぱいあるんだよね」

裕翔「そうだね、それに関して映画で変わってるところがあるんだよね」

光「あーー、言いたーーーい!!」

客席「えーーーー!!」

光「いやここでは言えないのでね、みんな見てね♡

ひかにゃんのアイドルスマイルいただきました。

 

光「大ちゃんも行定監督が好きだからずっと応援してたんだよね」

有岡「そうなの!あと共演者の人にも少し話聞く機会があったんだけど、本当にみんな面白いって言ってたよ」

光「なんで急にしゃべり出したの」

有岡「...やっぱり文化人としては・・・」

全員「いや文化人じゃないだろ!!」

薮「有村昆さんみたいなね。ありこんありこん」

全員「ありこんね」

なぜか「ありこん」で盛り上がるメンバーたち。

 

薮「そんな大ちゃんもね、ドラマが決まったんだよね」

有岡「はい、『掟上今日子の備忘録』というドラマに出演させていただくことが決まりました!!」

(拍手)

薮「クールな役なんだっけ?」

有岡「そうなの。でも結構なんでもこなしちゃう役みたいだよ」

 

光「じゃあここで、『爆笑の一発芸やって!』って言ったらできるわけだ

客席「wwwww」

 

有岡「・・・・いやドラマの中ではね」

光「いや今やってよ」

有岡「え」

光「じゃあみなさんカウントダウンいきますよー、3」

客席「「2.1....!!」」

 

 

有岡「・・・・(富士サファリパークのCMの音楽にのせて、右ひじを上げてみんなに見せながら)♪~本当に本当に本当に本当に右ひじが~、曲がりすぎちゃってどーおしよー、本当に本当に本当に本当に曲ーがりすぎてーどーおしよー、みっぎーひじ曲がりすぎっ!

 

客席「・・・www」

 

一発芸そのものが面白いというより、大ちゃんがよくわからない歌を必死に笑顔で歌ってる姿がジワジワしてみんな笑ってる感じだった。

光「いやー、さすがだね」

やらせたのあなたでしょ。

 

ここで着替えを終えた山田と圭人が出てくる。

そして山田が冷めた目で大ちゃんを見つめる。

有岡「山田止めてよーそんな目で見るならお前にもやらせるからな!!

山田「!?!?」

一瞬で山田の表情が変わって超面白かった。

 

有岡「カウントダウンやればできるよね」

山田「え、ちょ、」

有岡「じゃあみなさんカウントダウンいきますよー、3」

客席「「2.1....!!」」

 

山田「お前ら全員やっべぇぞ!!」

 

客席「・・・wwww」

 

ややウケ。

また大ちゃんを冷めた目で見つめる山田。

有岡「コロコロチキチキペッパーズ大好きか。...って山田止めてよセミ(グラスホッパー)みたいな目で見ないで!小学生みたいだな本当に」

 

裕翔「さあそろそろお話タイムは終わりの時間ですかね」

山田「そーだよ!!もうみんなの時間は終わり!!早くハケてよ!!」

みんなを舞台奥に押してハケさせようとする山田。

 

薮「えー、せっかく俺も爆笑の一発芸考えてきたのにぃー」

有岡「薮さんあなたはもういいから」

薮「(すねた顔)」

有岡「もうわかったよ、やっとけやっとけ」

このときの薮ちゃんの嬉しそうな顔永久保存版だった。

 

薮「みんなー、『ピザ』って10回言ってー!!」

客席「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ!

約1万人が一斉にピザを連呼してる風景シュール過ぎた。

 

薮「じゃあここはー??(ひざを指さしながら)」

客席「ひざー!!」

薮「せーいかーい♡」

全員「・・・」

光「やらせなきゃよかった....(ボソッ)」

wwwwwww

 

 

ここでようやくみんながハケて山田と圭人だけになるはずが、なぜか山田もみんなと一緒にハケていき舞台上には圭人だけが残る。

 

圭人「どーも、さっきのMCで『へぇー』しか言ってなかった圭人でーす

客席「wwww」

自虐ネタで笑いを取れるようになった圭人にとてつもない成長を感じた。

 

圭人「昨日ね、スタッフさんも一緒に中打ち上げやったんですね。そのときスタッフさんから僕たちのことをいろいろ聞かせてもらったんですけど、今日はそのスタッフの声をみんなにも聞いてもらおうと思います。スタッフさんいいですかーーー??せーーーーの!!!」

 

スタッフさん「けーいとおおお!!!」

 

ホールに野太い声が響く。

愛されてるんだなー、JUMPさん。

しかし本当にスタッフさんが舞台上に出てくるのかと思って焦ったのは私だけでしょうか←

 

圭人「ありがとうございます!!さあお客さんも負けてられないですよー。さっきから恥ずかしがって出てこない子がいますからね、みんなで読んであげましょう!せーーーーの!!!」

 

客席「山田くーーーん!!」

 

山田「なーにー♡」

 

舞台袖から飛行機みたいなポーズで小走りで登場する山田。

 

客席「かわいいーー♡♡」

 

 

 

山田「は?(怒)」

 

 

完全に広島1日目のデジャヴ。

mk1010.hateblo.jp

 

 

山田「あのですね、今日の1回目の公演でもこんな感じでみんなと一緒にハケたんですけどー、本当にもう一人でしょうもないこと話しやがって」

圭人「でも俺は楽しかったし、お客さんも面白そうだったし、みんなハッピーじゃん!何がいけないの!?

山田「......おっけーでーす(棒)

wwwwww

 

圭人「さっきも話してたけど山ちゃん今日最初から飛ばしてたよね。オープニングのセリフのところとかさ」

山田「だってここステージだもん。ここにいる限りは王子様でいたいんだよ!!」

圭人「もう一回やってよ」

山田「やだよ」

圭人「やらないと俺やっちゃうよ」

山田「いいよもう。このあとすぐ白い馬で東京帰るんだから

山田の王子様アピール細かくて笑いました。

 

圭人「(ギターで)♪~ジャカジャンっ

山田「ずるいよねー、こうやって適当なところで自分のギターで〆て。プライベートのノリだよ本当に」

圭人「みんな帰り遅くなっちゃうよこんなことやってたら」

山田がこれにちょっと笑う。

圭人「そういえば山ちゃんこんな顔してますけど、この間カラオケでSexy Zoneの『君とMilkyway』歌ってたんですよ

沸く客席w

圭人「♪~ジャカジャンっ

山田「.....ねー、圭人本当に腕上げたよねー」

圭人「ありがとう」

山田「.....歌おうか」

圭人「うん」

 

 

 

完。

 

 

 

(おまけ)

 

裕翔が考えた薮のセリフ、『俺がお前らのこと興奮させてやるよ』ですが、AinoArikaの前にちゃんと客席に向かってはっきり言ってくれました!

 

そしてWアンコール後にJUMPさんが生声で一言!!

「でら好きだよーー♡♡」

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

.

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 「JUMPing CARnival 」広島公演 8月13日MC全編レポ

Hey!Say!JUMP

 

珍しく圭人から始まります。

 

圭人「どうですかー?広島楽しんでますかー!?」

 \   イェーーーーイ!!! /

 

圭人「We're Hey!Say!JUMP!!」

(拍手)

 

 

薮「ではではみなさん座りましょうかー。今日は圭人が言うんだね」

光「俺MC前にむせてしゃべれなくなっちゃって」

客席「wwwww」

圭人「これやるの憧れだったのー!!」

薮「圭人がやると『We're』になるんだね。俺We're Hey!Say!JUMPです』って言っちゃった。Hey!Say!JUMPですです』っていう意味になっちゃうねw

光「これからもちょいちょい任せていきたね」

圭人「うん、これからもやりたい」

子供の成長を見守る親みたい可愛い

 

薮「さあ広島2日目ですよ」

光「昨日はね、コンサート終わった後みんなでご飯食べに行ってね、お好み焼き食べたんだよね。でね、裕翔の誕生日祝ったんだよね!」

 

昨日に引き続き改めて裕翔にバースデーソングをみんなで歌う。

ケーキのろうそくを吹き消すモノマネをする裕翔。

芸が細かい。2日目にはケーキが出てくる演出はなかったけど、みんなが祝ってくれたからエアケーキのろうそく吹き消す裕翔くん優しい。

薮「タオルのほこり飛んできたんだけどw」

そしてそれを台無しにする最年長←

 


光「48歳ですか!?」

裕翔「なんでやねん

 

光「今の『なんでやねん』めっちゃそれっぽかったね」

裕翔「22歳だよ!!!」

伊野尾「22歳かー、本当に大きくなったねー」

薮「みんなの思春期ずっと見てきてるからねー、大きくなったよねー」

と言いながら大ちゃんの方を見る。

有岡「俺にふるなよ」

 

薮「まさか裕翔がグループで一番大きくなるとは思わなかったよ」

裕翔が大ちゃんにくっついて笑う。

有岡「俺だって裕翔に抜かされるとは思ってなかったよー」

裕翔が大ちゃんの頭をぽんぽんしながら、

裕翔「実際ね、こんくらい差があるんですよ」

並ぶと身長差が歴然で笑いに包まれる会場。

 

裕翔「何ちゃいですか

有岡「24歳だよ(怒)」

 

光「山田も子供だったよねー。俺と薮に挟まれてカレー食べてるだけで可愛かったもんねー。で、それをお父さんとお母さんに報告しちゃうんでしょ?」

山田「うん

素直に頷く山田も可愛いよ。

 

山田「知念も可愛かったけどねー」

知念「今も可愛いよ

さすが知念様。

 

光「昔知念とプリクラ撮ったことあるよね」

知念「あったねー」

「プリクラ」という単語に若干ざわつく会場。

 

薮「懐かしい話いっぱいあるよねー」

知念「昔いのちゃんと同じ人形リュックにつけてたことあるよ」

光「え、知念はなんか人形つけてるの想像つくけどさ、いのちゃんがそれと同じ人形つけてたの??

客席「wwwwwww」

裕翔「わら人形じゃないんですか?ww」

伊野尾「........今攻められて傷ついてるよ俺は」

リュックに人形つけただけでみんなにいろいろ言われるいのちゃん。

伊野尾「なんかね、俺のは一年くらいつけてて知念のより汚かったんだよね」

 

光「圭人なんかいがぐりみたいだったもんね。あ、あれだあれ。バフンウニ

圭人「バフンウニはひどくない?(泣)」

裕翔「首据わってなかったもんね」

知念「こんな感じだったもんね」

↑少クラ初登場のモノマネをする知念。

やぶひか「それwwww」

光「でも今はこんな感じだよね」

↑7コーナーのHigherでギターをカッコよく弾き鳴らすモノマネ

裕翔「あれやってあれ、『Break!』(Higherの歌詞)」

圭人「Break!!(キメッ)」

薮「お客さん『??』だよね」

歌詞にある言葉でコンサート中でも披露してる曲だけど、メンバーの反応と薮くんの発言を考えると、何か歌詞から連想される面白い楽屋ネタとかだったのかなって思いました。

 

光「そんな感じで、僕たちも成長しまして、もうすぐ24時間テレビですね(強引)

全員「早いねー」

光「気持ち的にはあと3分くらいだけどねー」

薮「え、どゆこと??」

光「わからない」

頑張って一言一言やっていく的な意味だったそうですが私たちのもよくわかりませんでした←

 

光「俺と裕翔は太鼓やるんだよね」

裕翔「そうそう、ドンドンドンってね」

光「ある男の子と太鼓をやるんですけど、練習頑張ってます!」

裕翔「一生懸命パフォーマンスするのでみなさんぜひ見てください!!」

(拍手)

光「山田もね、ドラマあるんだよね」

山田「はい、生放送なので多少時間は(中略)『母さん、俺は大丈夫』というドラマをやらせていただきます。NEWSの増田くん、V6の伊ノ原くんも主演します。感慨深いドラマだと思うので、みなさんぜひお友達ににも勧めて一緒に見てください!」

(拍手)

光「いのちゃんは........間違えたいのちゃんじゃないよw今なんでいのちゃんって言っちゃったんだww」

高木「伊野尾くんのことそんなに好きなの?w」

光「wwwww今らじらーサタデーで毎週一緒にやってるからねー」

薮「何さりげなく告知してんだよ」

光「.....全然そんなつもりなかったんだけどこのスタイルいいね」

伊野尾「これからはこのスタイルで告知してこ」

 

光「違うよ、山田の映画の話だよ」

山田「はい、11月7日公開の『グラスホッパー』という映画にセミ役として出演させていただきます。殺し屋の役なんですけれども、普段見られない山田が見られると思うのでみなさんよろしくお願いします」

(拍手)

光「アクションとかもすごい力入れているんでしょ?」

山田「うん、ネタバレになっちゃうからあんまり詳しくは言えないんですけど、撮り方とかにすごくこだわってて」

光「へえー、すごい。気になるお

!!??

光「『気になるお』って言っちゃった(照)」

薮「『気になるおちゃん』じゃんwww」

そう言いながら一人で笑って盛り上がる薮。

全員「」

光「....薮くんごめんね(拾えなくて)」

 

薮「裕翔もね、映画があるんだよね」

「そうそう、シゲが原作書いた『ピンクとグレー』っていう映画なんだけど・・・」

有岡「裕翔に言わせてやれよw」

薮「光今日はボケが細かいw」

光「あれ、この前デーブさんと共演したからかな?w」

何その原因wwww

 

薮「裕翔は映画初出演初主演なんだよねー」

裕翔「そうなんですよー」

光「やっぱり主演だと違う?」

裕翔「えっとねー、はちゅうしゅつえn(噛む)」

光「大丈夫、噛んでもちゃんと伝わるから」←

 裕翔「結構引っ張っていかないといけないのかなーって思ってプレッシャーとかもあったんだけど、監督さんが結構引っ張ってくれて....」

光「そうなんだー」

裕翔「結構ダークサイドな部分とかもあって...」

光「え、ダースベイダー?」 ←

裕翔が間髪いれずにダースベイダーの声のモノマネをする。

本当にこういう流れ好きよねw

私も好きだよ←

薮「女の子あんまりわからないでしょw」

 

光「いのちゃんもね、言いたいことあるんだよね??」

新しい告知かと客席がザワつく中....

 

 

 

 

伊野尾「大ちゃんと午前中宮島に行ってきましたー」

ε=\_○ノ ズコー

 

有岡「早起きしてね、行ってきたんだよね」

(実は私もこの日の午前中宮島に行ってたんですけど、結構ファンの子もたくさんいたので大丈夫だったのかなと思いましたw)

 

有岡「で、二人でおみくじ引いたんだけど、俺が凶だったw」

伊野尾「俺は吉だった」

 

薮「俺と裕翔はね、広島市内を観光してきました!」

原爆ドーム周辺で目撃情報がありました)

裕翔「いーだろおおおお(どや)」

 

光「俺は朝浴衣でホテルの周り歩いてた」

!?

光「いやなんかJUMPのTシャツだと恥ずかしくて」←そういう問題じゃない

薮「でも朝日で透けて見えちゃうじゃん」

ん??

光「あ、それはね、下はズボン履いてたし、上はまあまあ鍛えてるか大丈夫」

薮「お前のさじ加減は知らねーよw」

光「wwwそしたらなんか迷っちゃって、ホテルとコンビにの間ずっとぐるぐるしてた」

薮「光には方位磁石持たせないとね」

一日目からちょいちょい入ってくる突然のやぶひか無双なんなの。

mk1010.hateblo.jp

 

 

有岡「高木なんかやってよー」

突然のむちゃぶり。

有岡「あれやって小栗旬

高木「ぼーくが小栗旬だぁ」

文字だと全然伝わらないんですが声マネかなり似てました。

 

有岡「結構クオリティ高いよね」

高木「俺でも全然練習とかしてないんだよ」

光「俺のモノマネは広くて浅いけど高木のは狭くて深いよね(ニコッ)」

薮「今日の光はボケもツッコミも昭和だね」←?

 

 

ここで着替えのためにいったんはけていた山田と圭人が出てくる。

 

 

 

圭人「ねー、俺のカゴにバナナ入れたの誰ー!?(泣)」

 

wwwwwww

 

しかもバナナになぜか赤いストローが突き刺さったなぞの物体

それを掲げてみんなに尋ねる圭人。

シュールな光景だった........

 

有岡「俺はストローは使わない派だけどねー」

全員「いやみんな使わないだろ!!」

薮「堀越の○○先生みたいwwww」

またもや一人で笑いながら盛り上がる薮。

内輪ネタ過ぎてわからない上に完全に個人名を言っていたので伏せさせてもらいました。

 

光「じゃあもうみんなで目つぶって犯人手挙げよう。俺が聞くから」

言われたとおりにみんなで並んで目つぶるJUMPちゃん可愛い。

 

光「はい、圭人のカゴにバナナ入れたの誰ですか!?」

 

・・・・・・・・

 

 

いのちゃんがこっそり手を挙げる。

 

客席「wwwwwww」

 

光「はい、犯人わかったのでもう目開けていいですよー」

全員「え、だれだれ!?」

一人だけヘラヘラ笑ってるいのちゃん。

光「犯人は、先生以外知りません。なのであとで裏でボコボコにしておきます

ちょっとだけびっくりしてたけどそれでもヘラヘラ笑ってるいのちゃん。

爆笑。

 

 

ここで7人ははけて、山田と圭人は曲の準備。

 

(MC全体を受けて)

山田「いや平和だねー」

圭人「ねー」

 

しかし山田の後ろの髪の毛がぽーんって爆発している様子がモニターに写り、再び客席が笑いに包まれる。

山田「え、何????」

圭人「あ、山ちゃん後ろの髪の毛が立っちゃってる」

モニターを見ながら直す山田。

すぐ元に戻る。よかった。

 

山田「俺と圭人はカラオケ行ったんだよね」

圭人「行った」

山田「で、『Whole new world』を二人で歌ったんだけど、圭人がジャスミンで俺が男の方(アラジンな)。全然ハモらないのwww

あれ難しいもんね、キーが極端な上に二人で全然違う歌詞歌ってたりするもんね。

 

客席「歌ってー!」

山田「え、何?」

客席「歌ってー!!!」

山田「歌わねーよ!!」

 

山田「あれ、この曲やるの何回目?5回目?」

ツアーの公演がこの回で11回目だったので、正確に言うと『3月14日~時計』を歌うのも11回目。

山田「見てこれめっちゃ伸びたの」

そう言いながら着ていた白ニットの袖を全部伸ばして見せる山田。

すごかった、指先から20cmは伸びてた。

 

山田「見てほらすごくない?」

伸びた部分をプロペラみたいに振り回す山田。

何やってるのかわいいwww

 

山田「みんなさ、コロコロチキチキペッパーズって知ってる??」

客席「知ってるーwwww」

山田「最近それ見て笑ってるんだけどさ、今日も朝から見てました。以上です。

 

・・・・・・

 

山田「やっべぇぞ!」

 

客席「ギャーーーー」

 

 

山田「それでは後半戦行きたいと思います!」 

 

 

完。

 

 

相変わらずJUMPさんらしいMCで2日目も楽しかったですw

 

 

 

(おまけ

 Wアンコール後、メインステージから全員で生声で一言!

「みんなーー、大好きじゃけん♡♡」

 

そして最後の最後のハケるとき、

薮「カープ坊やによろしく♡」

光「.....うちの最年長バカでしょ♡」

最後までやぶひか無双の広島でした。

 

 

 .

 

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 「JUMPing CARnival 」広島公演 8月12日MC全編レポ

Hey!Say!JUMP

 

まずはご挨拶から・・・

 

光「広島の皆さんこんにちは!僕たちがー」
全「Hey!Say!JUMPです!」

 (拍手)


光「MCということで皆さんお座りくださーい。休憩タイムなので仮眠取りたい人はとっていいですよー」

えwwww

裕翔「寝てる人は圭人のラップで起こすよ!!
『ロックロック!かき鳴らせギター!シャウトシャウト!叫べ英会話!誰もお前を(以下略)

全員「」

曲中と同じ勢いと音量でやる裕翔。

苦笑いするJUMPさんと客席w

 


光「俺広島来るの今年で3回目なの。スクール革命でしょ、ヒルナンデスでしょ、で今日!」

薮「へぇー、すごいねー」

裕翔「じゃあ広島のことは光くんに聞けばなんでもわかるね!(ニコニコ)」

光「う、うん(汗)」

久々に苦笑いと気まずい顔いただきました。


高木「えーとじゃあ…」

光「ちょっと待って水飲まして」

あからさまに慌てた様子を見せ全員爆笑。

 


圭人「俺前に一回ゆーやと来たことあるよ!」

高木「来てねーよ」

全員「えwww」

圭人「アルバム(??)のキャンペーンで来たんだよね?」

山田「え、あれプライベートあったの?」

圭人「うん、ちょっとだけど。で、お好み焼き食べたんだよねー」

高木「そうだよ、嫌々食べたよ!」

薮「嫌々一緒に食事って地獄でしょww」

圭人「『どこまでツンデるつもりなの?』

薮「ゆーや、圭人殴る許可もらっていい??」

高木「えww」

薮ちゃん誰の味方なの。

裕翔「暴力はやめて!!」

全「止めるのがおそいよ!!」


光「ラーメン食べに尾道行ったことあるよ!」

??「尾道のラーメンってどんな感じ?」

光「えーっとね、こってりとした…」

薮「しょうゆ?」

光「それそれ!w」

高木「言われてから答えてるじゃんw」

光「具はね…えーっと、えーっとね………」

全員「……」

裕翔「情報うっすいなーw」

光「いや本当に美味しくて、美味しさ8割、記憶2割みたいな感じなんだよねw

知念「海は行ったの?」

光「……(考え込む)」

薮「なんで覚えてないの?w」

光「あ、なんかね、浦島太郎の発祥の地みたいなところ行った!!

裕翔「え、そんなところあるの!?(客席に向かって)」

客席「」

光「もうみんなあとでググッといて!!」

裕翔「OKグーグル!(キメっ)」

押し付けたwww


高木「俺は厳島神社行ったよー」

客「あーーー(同意)」

さっきとは打って変わって禿同する客席。

光「そうやって有名なの出してくるのはずるい」

謎の対抗心。


知念「僕はね、少年博物館?だかなんだかそんな感じのとこ行ったよ」

客席「????」

光「……グダグタでごめんなさいねー、みなさん(ニコッ)」

原因は光くんですよ。


薮「やっぱり広島といえば広島カープでしょ!!もうね、親子席の子がみんなカープ坊やに見えるよ!!

客席「wwwww」

薮「俺今日ね、コンサート中に絶対『カープ坊やって言おうって決めてたんだっ!(どや)

 

光「あ!思い出した!さっきのやつ(浦島太郎じゃなくて)ポニョの舞台だ!!!」

客席「あぁーー!」

光「宮崎監督?」

薮「宮崎駿監督ね」

光「え、ザッケローニ??」

薮「違うそれサッカーwwしかもひとつ前の代表監督ww」

このあと薮ちゃんがサッカーの知識を一人でごにょごにょ話し始めたんだけど全然聞き取れなかった、ごめん

ラーメンの話といい監督の話といい突然のやぶひか無双なんなの。


裕翔「もう監督の名前とか言うから話の内容全然入ってこないよー」

高木「それってどこにあるの?」

光「えーっとね、それは教えられない」

遠回しに「知らない」を表現する光くん。

 


そしてついにお客さんが教えてくれる。


客席「とものうら(鞆の浦)ー!」

光「え、何?」

客席「とものうらぁー!!」

光「おのののか??」

違うwwww

裕翔「鞆の浦だって!!」

広島在住の友人曰く福山にある海沿いの景勝地だそうで。

ちなみに浦島太郎の下りは何のことだかわからないそうです()

 

薮「話変わるけど24時間テレビ近いね!」

知念「いつだっけ??」←

薮「あと10日だよね?」

知念「え、うそ、そんな??」

↑もうちょっと日にちあるでしょ的な

光「いやあってるよ」

薮「ほらあー、あってるじゃあーん!!」

光「薮うるさい」

薮「...はーい、カープ坊やはベンチに戻りまーす(すねる)

 

 光「...ということで24時間テレビもがん&%$#」

大事なところで噛むよねww

光「24時間テレビで噛まないように今噛んどいた」

山田「いや24時間テレビでも噛むだろ」

薮「8月22日、23日ですね、みなさんよろしくお願いします!」

(拍手)

 

山田「いやー、でも夏終わるねー。この間セミが死んでるとこ見たもん

全員「なんでそれww」

裕翔がすかさずセミの死骸のモノマネ(目を見開いて手を顔の横にもってくる)

それがカメラに抜かれて会場爆笑。

 

光「もういいからセミじゃなくて話戻して!!」

裕翔「山ちゃんはドラマやるんだよね」

山田「はい、生放送なので多少は時間が前後するとは思うんですけれども、だいたい21時くらいから放送予定の、『母さん、俺は大丈夫』というドラマで主演をやらせていただきました。いろんな絆が感じられるドラマだと思います。よろしくお願いいたします」

(拍手)

薮「俺HPで予告編見たよ!3パターンあるの」

山田「え、あれ3パターンもあんの!?」

主演が把握してないことに草。

薮「うん、みんなにも見てほしい!」

山田「みんな見てね♡(アイドルスマイル)」

客席「かわいいーーー♡♡」

 

 

山田「は?(怒)」

 

突然のマジギレ。

可愛いと言われることは気に食わないご様子の山田様。

 

裕翔「山ちゃんはさ、今度セミやるんでしょ」←雑

懲りずにまたセミの死骸のモノマネをする裕翔。

山田「wwwそうなんですよ、11月7日公開の映画『グラスホッパー』に、殺し屋のセミ役として出演させていただくので、みなさんこちらもお願いします」

(拍手)

山田「HPでね、予告見てくださいね!」

薮「それはまだ見てないわー」

山田「いやいやそこはお願いしますよw」

 

薮「裕翔もね、映画があるんだよね」

裕翔「はい!NEWSのね、シゲのね、『ピンクとグレー』という映画に出演させていただきます!」

光「いつ撮影してたんだっけ?」

裕翔「えっとね、みんな『デート』ってドラマ見てくれたー?」

客席「はーい!」

裕翔「ありがとうございます!だいたいそのくらいの時期にね、えーっと3週間くらいで撮影しました!」

光「へえすごいねー!」

このとき裕翔が首に手を当てて考える姿が有岡さん的にツボだったらしく....

有岡「右手かっこいいw」

薮「情熱大陸みたいだね」

いのちゃんが裕翔に向かってマイクを通さず何か話かける。

裕翔「...え?なに??」

伊野尾「俺はNHKのプロフェッショナル派」

全員「どうでもいいww」

 

光「撮影はどうだった?」

裕翔「そうだねー、共演者に同世代が多かったからすごく刺激を受けた!夏帆ちゃんなんか共演するの3回目なんだよねー、エンジンとプリマダムと今回」

有岡「エンジンのとき裕翔すっごく小さかったよねー」

裕翔「(手を下げて)こんなんだったw」

薮「原作もあるから二度楽しめるよね!俺読んだんだけど、この役を裕翔がやるんだって思うとなんか面白かった」

 

光「いのちゃんさっきから何もしゃべってなくない?」

伊野尾「俺ね、今日からクールキャラでいくから、こうやって」

客席を流し目で見つめる伊野尾さん。

客席「wwwww」

薮「笑い起きてるけどwww」

伊野尾「笑わないでください(怒)」

 

ここで音楽が流れて..........♪

 

 

中島裕翔くんHappy Birthday!!!

 

 

大きいケーキが出てくる。

 

裕翔「わー!!!ありがとうございます!!!」

知念「大きいケーキ!!」

山田「圭人の顔くらいでかいよ」

圭人「ちょww」

有岡「いや圭人の顔よりでかいよ」

圭人「ねぇwww」

光「いくつになりましたか!?(小さい子に話しかける感じ)」

裕翔「22ちゃいです♡」

光「抱負は何ですか?」

裕翔「今まで通り頑張って、みなさんの期待に答えたいです♡」

薮「いやー、他人(ひと)の誕生日っていいよねー」

裕翔「学校行ってたころは夏休みだったからなかなか祝ってもらえなくて...」

と言いながらまた手を首のあたりにもってくる裕翔。

有岡「右手かっこいい(再)」

薮「今日情熱大陸のカメラ入ってるんじゃないの?ww」

こう言われてあからさまにカッコつける裕翔、

かっこいい(真顔)。

山田「22歳の裕翔はやばいぜ!!」

 

知念「(裕翔に向かって)全部食べていーよ!!」

裕翔「いや2人(山田と圭人)もう着替えてきてるから...」

山田「いやまだ時間はあるから大丈夫」

 

やまゆと(´;ω;`)ブワッ

 

ケーキにのってたキウイとラズベリーを食べる裕翔。

裕翔「おいしい!!!!」

薮「すごいフルーツいっぱいで世界サミットみたいだね。フルーツサミット」←

光「大ちゃんが食べたいって言ってるよ」

ここで大ちゃんがフルーツをひとつ摘んで食リポに挑戦。

有岡「とりあえず何のフルーツかはわからないんだけど..

wwwwww

有岡「ビタミーーーン!!って感じ

客席「」

 

光「まさに...??」

有岡「まさに!?...まさに.......スイーツ界のサプリメントや!!

客席「」

 

光「えー、裕翔の誕生日にかけてくると思ったのに」←

有岡「え...(困惑)まさに....素晴らしき日や!!」 

客席「」

有岡「無理だよ!!!!」

 

裕翔「みんなで(客席と)写真撮っていい??」

山田「裕翔のケータイにあなたたち入りますよ!!!」

慌てる客席。

有岡「メイク直すなら今ですよ!!」

裕翔がケーキを少し奥の方に運ぼうとすると...

裕翔「みなさん聞いてください、今ね、俺が運ぼうとしたら、山ちゃんが『いいよいいよ、誕生日だから俺やるよ』って♡」

 

やまゆと(´;ω;`)ブワッ

 

山田「そういうこと言わなくていいよ(照)」

照れなくていいんだよ♡

 

いのちゃんがさりげなくフルーツ食べる。

伊野尾「汗かいてるからちょうど良い栄養補給だわー」

裕翔とスタッフさんがカメラ準備してくれてる中みんなどんどん食べる。

そしてなぜか撮影してくれるスタッフさん見て爆笑する薮。何があったんだ...

 

真剣な表情でカメラをセットする裕翔を見て...

山田「当の本人がアングルとか設定決めるってどうなのw」

 

みんなが写真に写ろうと立ち上がる中...

光「みんな今だけうちわ上げていーよー!」

一斉にうちわを上げる客席。

伊野尾「でもうちわ上げたら顔映らないよ」

今度は一斉に下げる客席。

全員「下げたwwww」

完全にJUMPさんに弄ばれる客席。

 

いよいよ撮影!

光「裕翔真ん中に来な!!」

全員で「ハッピーバースデー」と言いながらパシャリ!

 

なぜか連写され笑いが起きるw

有岡「大丈夫?自撮りになってない?w」

 

写真を確認したところ客席が暗くて全然写ってなかったようで、

裕翔「すみませーん、客席の照明もう少し明るくできますか?...はい、はい、あ、そんな感じで!!」

裕翔くんホント有能。

 

光「大丈夫?お客さん見えてるかな?」

薮「みんなファンデーションもっと塗って!!」

この薮さんの発言、メンバーはあんまり反応してなかったけど客席は結構ザワついてたよ。ファンは聞き逃さなかったよ薮さん。

 

無事撮影も終了して...

裕翔「あとで食べる♡」

客席「かわいいーーー♡♡」

どこかの誰かさんとは違って客席の反応にニコニコな裕翔。

 

光「それでは後半戦いきましょー!!」

 

山田「座った人どんまあーーい!!!(見下した顔)

みんなが立ち上がって準備する中、写真撮影したあといったん座った人に向かってこの一言。

 

圭人「裕翔大丈夫?(多分カメラのこと)」

裕翔「うん大丈夫、ありがとうゴリラ

圭人「ちょw」

 

ここで7人はハケて山田と圭人だけに。

 

この日の広島は朝から降ったりやんだりの天気が続いていたんですが、

圭人「山田さんなんと、」

山田「うん」

圭人「山田さんのパワーで、」

山田「うん」

圭人「雨.........まだ降ってます

山田「なんだよ!!!」

圭人「www」

山田「みんなちゃんと本気出してる??」

客席「イェーーーーーイ!!!」

山田「あ、今から歌う曲そういう感じじゃないんで(真顔)

むかつくwwww

 

圭人がしっとり系のメロディーをギターで弾き始める。

山田「何しとんねん」

圭人「Practice」

山田「あー、Practiceね、はいはい。それでは後半戦いきましょう!」

 

 

 

完。

 

 

 

 

毎回思うんだけどさ、

君たちしゃべりすぎや。